スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- (--)|スポンサー広告

俺の考え

俺の昨日の投稿に対し、ご指摘がございまして、修正させていただきました。

これから俺自身の考えを書いていこうと思います。
もしかしたら不快な想いをされる方もいるかもしれないので
読みたくない方はスルーすることをお勧めします。










とりあえず、不快な想いをされた方々、申し訳ございません。


コメントをくださった方は自分も不快になったしこれから見る人で
ラルクが好きな人がいたら更に不快になる人がいると思ってのコメントだと思います。

けれど、何か違うと思います。

考え方云々は人それぞれだとおもうんです。
それに俺はライブがつまらなかったとは一言も言っていません。

俺はなんだかファンの態度というか、取り巻き方みたいなものに疑問を感じたんです。

なんか近寄るだけでキャーキャー言ったり握手してもらってるのを見てずるいって言ったりしてる人々がなんだか許せないんです。

その人達は音楽を愛してるのか?
ラルクっていうブランドやそのメンバーの個性豊かなキャラクターが好きなんじゃないかって思えてしまうんです。

それに何より、他のファンへの批判とかグチグチ言ってる人とかが目立ってものすごく悲しく思えたのです。

俺も確かに一時期そんな風に考えずグッズとかも大量購入していたし、
ほんとラルクというブランドが好きだったんだと思います。
もちろん、音楽も好きだったけれど何かおかしいという疑問はほんの少しですが感じていました。

けれど、俺は他の音楽に触れてみてわかったんです。
キャーキャーいういわゆる黄色い声援も聞こえない、けれど
掛け声もあっているし、とにかくノリノリでした。
この人達のノリようを見て
この人達はホントにこのバンドの"音楽"が好きなんだと思いました。

全員にわかってほしいとは思いません。
けれど、少なくとも現在ファンの方、メンバーのキャラクターやブランドではなく、音楽をより一層好きになってほしいんです。




誰かしら不快になられた方もいると思います。
しかし、これが俺の考えなのです。
この文は修正しろといわれても修正する気はありませんので。

最後に、こんな頭悪い文面でかつ長文を読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

2005/09/26 19:50 (月)|日記コメント(0)トラックバック(0)
Comments
Name:
URL:
Comment:
Pass:
プロフィール

匠@とにせんP

  • Author:匠@とにせんP
  • 音楽好きだったりゲーム好きだったりアイマス脳だったり。








    mixi | twitter | ニコニコプロフ
amazonアフィリエイト
ピュアですね。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
勝手にリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。