スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- (--)|スポンサー広告

オラは逝っちまっただ:第一話

昔々あるところにおじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは山へお洗濯へ

おばあさんは川ですってんころりんすっとんとん!

おばあさんは泳いでそのままどこかへ消えてしまいました。

おじいさんはその一方を聞いてショックで山で首吊って死んじまっただ。

おばあさんはというと泳いでそのまま・・・

おばあさん「こちらス○ーク、竜宮城に到着した。」
大○「ここまでは順調だな。これから君に行ってもらう任務は竜宮城にてとらわれている乙姫の救出と竜宮城で秘密裏に作られている兵器を発見し破壊することだ。」
おばあさん「で、まずどうすればいい。」
大○「とりあえず亀でも見つけて背中に飛び乗っちまえよ。」
おばあさん「わかったよパパ!」
大○「健闘を祈る。」
-プツン-
おばあさん「亀か。探してみよう。おや、剣が光っている。てか光が一点に集中している!」
おばあさんは剣から発せられている光の先にいくことにした。
すると・・・
でっかい亀が出てきました。
おばあさんはかめにのっかた。
巨像(亀)の弱点を見つけた!剣部っ挿した!巨像死んだ\(^O^)/
-ピロリロリロリン-
大○「駄目だス○ーク!未来が変わってしまった!タイムパラドックスだ!」


おばあさんの運命やいかに!


tobecontinue...!
スポンサーサイト

2006/08/08 00:26 (火)|日記コメント(0)トラックバック(0)
Comments
Name:
URL:
Comment:
Pass:
プロフィール

匠@とにせんP

  • Author:匠@とにせんP
  • 音楽好きだったりゲーム好きだったりアイマス脳だったり。








    mixi | twitter | ニコニコプロフ
amazonアフィリエイト
ピュアですね。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
勝手にリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。